リハーサル1回目

昨日は発表会の1回目のリハーサルでした。

毎年、本番の3週間前に教室に集まってリハーサルをやることにしています。

もちろん会場でのリハーサルも、本番1週間前ぐらいにやるんですけど。

 

この3週間前のリハーサルはとても大事だと私は思っています。

大人の感覚で「ほら、もう弾けないと」っていくら言っても、子供は時間の感覚がつかめないので、漠然と発表会はまだずっと先と思っていたり、現実感がなかったり。

このリハーサルでみんなの前で暗譜で弾くということで、やっとちょっと慌てたり緊張感が出てきたりします。

 

一人ずつのお子さんは性格も能力もさまざまなんですが、きのうはやっとみんなぴりっとしてきて、中には私の予想を超えてよくなってきた人も。

一生懸命練習して、暗譜の不安もなくなり、指も動くようになると、そこで初めてその子の音楽性がにじみ出て、きらりと光るものが見えてきたりするんですね。

 

まだまだやらなければならないことはありますが、だんだん楽しみになってきました。

ここからまた気を抜かないように、それぞれが達成感を味わえる、いい発表会になるように持っていきたいと思います。