それぞれの花

雨が降ったり強い風の日が続いたりで、このあたりの桜はほとんど散ってしまったようです。

でも…

地味で目立ちませんが、我が家の楓の木に、こんな小さな花が咲いています。

とても小さい上に、葉の下に隠れるようにして咲いているので、気がつかない人が多いんじゃないでしょうか。

それに、桜は先に花が咲いて、その後に葉が繁ってくるのですが、楓は葉と花がほぼ同時なので、余計に目立たないですね。

 

桜の木に桜の花が咲き、楓の木に楓の花が咲く。

考えてみれば当たり前なんですけど。

それぞれの木にそれぞれの花が咲き、それは華やかで艶やかであったり、ひっそりと遠慮がちな風情であったり、でもそれぞれの役割を果たしているんでしょうね。

 

こんな自然の移ろいを見ていると、私たちもそれぞれの場所でそれぞれの花を咲かせればいいのかなと、思わせられます。