シェ・オクス

以前、フランス語のクラスのお仲間に教えていただいた、日吉町のパサージュにある「シェ・オクス」さんに行ってきました。

「ワイン居酒屋」だそうですが、フランスなら「ビストロ(bistro)」というところでしょうか。

パサージュ(passage)って、通り抜けの小径みたいな意味ですね。

シェ・オクスさんはこの建物の2階にあります。

カウンターしかない可愛いお店で、シェフと奥さんの2人だけでやっていました。

まずは赤ワインを頼んで、チーズ盛り合わせとシェフおすすめのズワイガニのキッシュ。

カッテージチーズとクラッカーは自家製だそうです。

キッシュもカニの風味あふれてトロリとやわらかい、おいしいキッシュでした。

フォアグラのソテーと仔羊の骨付きロースト。

フォアグラは思ったより軽くてしつこくなく、とてもおいしかったんですが、私が気に入ったのは付け合わせのブランデー漬けのサクランボ。

口に入れた瞬間にブランデーの香りが広がって鼻に抜けていって、絶品でした。

2粒じゃなくてボールいっぱいぐらい食べたかったな(笑)

仔羊はマスタードの酸味が効いていて、肉の甘味を引き立てていました。

シンプルペペロンチーノ。

本当にシンプルなんですけど、麺のゆで加減とかガーリックの加減とか、やっぱり家庭でつくるのとは違いますね。

 

お腹いっぱいになって大満足でした。

シェフも奥様もそんなに口数多くはないんですけど、こちらの反応をちゃんと見ていて、さりげなくお料理の説明をしてくれたり、とても居心地のいいお店でした。

またリピートしたいと思います。