2019年

6月

24日

マグカップ

生徒さんのレッスンが始まる前に、コーヒーを淹れてちょっと一服するのが習慣になっています。

気持ちの切り替えというか、心を整えるというか。

ずっと愛用していたマグカップが欠けてしまったので、清水銀座の平野屋さんで新しいものを買ってきました。

いままでのはやはりこのお店で買った渋い感じのカップだったんですけど、この華やかなカップが目について、ああ、こんなのも明るい気分になっていいかなと。

手描きの線も優しい感じです。

 

地方都市の商店街の例にもれず、清水銀座もシャッターが目立ちます。

時代は個人商店から大型店舗へ、そしてネットへと移り、商店街も苦戦していますね。

私もよくネットで買い物をするので、ちょっと胸が痛いんですけど、どうしても手に取って選びたいものもありますものね。

毎日使う自分専用のカップは、やはり手に取ったときの重さとか質感が大事。

特に唇が当たるときのカップの縁の厚さとか感触とかは、ネットではわかりません。

届いてみたら思ったより大きかったとか、色合いがちょっと違うとか。

 

とても気に入ったので、これで一服してリラックスすれば、練習不足の子や何度も同じところを間違う子にも、穏やかにレッスンできそうです( ^^) _旦~~

0 コメント

2019年

6月

19日

地震

きのうの夜の地震のニュースには驚きました。

震度6強って、かなり大きな地震ですね。

その後の報道によると、怪我をした方は複数いらっしゃるようですが、亡くなられた方はいないようで、不幸中の幸いと言っていいのでしょうか。

被災された方は、これから不自由な生活を強いられるわけですから、大変だと思いますが。

お年寄りや小さいお子さんなど、避難生活で体調を崩されないように、行政や周りの方々も気をつけてあげていただきたいですね。

 

新潟って、大きな地震がこれまでも何回もありましたね。

また、日本は神戸の地震や東北の地震の経験もありますから、こういうときの対応は、これまでの蓄積が有効に活用されているようですね。

テレビの報道では、避難所で一人一人に配付されるものも、これまでの被災者の声をもとに揃えられているということで、これはとても大事なことですね。

被災地の皆さんが早くもとの生活に戻れることを、お祈りしています。

梅雨時にしては晴れ間が多くて助かりますが、やはり湿度が高いのか、あまり爽やかな感じではないですね。

でも、お花を眺めるときだけは、ちょっと晴れやかな気分になります。

0 コメント

2019年

6月

11日

雨の季節

梅雨に入って、今夜は雨らしい雨になっています。

出掛けるには不都合だけど、家の中で降りしきる雨音を聞いているのも悪くない気がします。

不思議に落ち着くというか…。

 

きょうは昨日楽天booksで注文したCDがもう届きました。

送料無料で翌日届くので、最近はときどき利用しています。

 

サンソン・フランソワが弾くショパンのワルツ集。

サンソン・フランソワは昔、上野の文化会館で聴いたリサイタルが忘れられないんですね。

とても個性的で即興性が高く、スリリング。

その演奏をそのまま真似するのはやめておいたほうがよさそうですが、インスピレーションに溢れています。

 

そういえば以前、ショパンのノクターンのレッスンをしていたお嬢さんが、「先生、うちこの曲のCDあるよ」というので、「そう、誰の?」と聞いたら、「お父さんの!」と元気よく答えてくれました(笑)。

私が聞いたのは、もちろん誰が演奏しているのかなんですけどね。

額紫陽花もいろんな種類がありますね。

このお花を眺めるのも、この季節の楽しみの1つです。

 

あしたも雨でしょうか。

久し振りのサンソン・フランソワを、じっくり聴こうと思います。

0 コメント

2019年

6月

02日

額紫陽花

昨日はこの近辺の小学校では運動会が開催されていました。

お天気に恵まれて無事にできて、よかったですね。

運動会終了を待っていたかのように、きょうはどんよりした曇り空で、いかにも梅雨入り間近という感じ。

例年、梅雨に入り、そして梅雨が明けて暑くなると、私の教室ではいよいよ発表会シーズンになります。

 

なので、きょうはご父兄に配る「発表会のお知らせ」を作成しました。

こういうことを一つずつやっていくことで、私もだんだんスイッチが入るし、生徒さんやご父兄も、お知らせが届くとそういうモードになっていくんじゃないかと思います。

もう発表会で弾く曲の準備に入っているんですが、エンジンのかかり方が一人一人違うので、演奏の指導そのものだけでなく、気持ちの面でも前向き、上向きに持っていくのがこちらも頭を使ったり気を遣うところです。

紫陽花の季節ですね。

この額紫陽花(ガクアジサイ)、花に見えるのは実は「萼片」といって葉っぱが変化したもの、中のほうの粒々の1つずつが花なのだそうです。

普通のこんもりした紫陽花より、私はこの額紫陽花のほうが軽やかな感じで好きかもです。

ちょっと鬱陶しい梅雨の時期、目を楽しませ、気持ちを明るくしてくれますね。

0 コメント