2019年

1月

28日

快挙

全豪オープンでの大坂なおみ選手の優勝、見事でしたね。

試合をテレビ観戦していたんですけど、2セット目で流れが変わってしまったところでは、見ていてつらくなってきてしまって、ああ、結果だけ見ればよかったとちょっと後悔したんですけど、その後の踏ん張りが素晴らしかったですね。

ほかの競技ももちろんそうなんでしょうけど、テニスって、つくづく我慢のスポーツなんだなと思いました。

もともとのパワフルなテニスにうまさも加わって、さらに精神面でも成長して、大坂なおみ時代の到来を感じさせました。

 

大坂さんはアメリカと日本の二重国籍なんだけど、日本人として登録しているんですよね。

アメリカのテニス協会では、もちろんいまは大坂選手を喉から手が出るほど欲しいんじゃないかと思うので、オリンピックもあることだし、これからもずっと日本代表として出てくれるのかなと心配でした。

 

でも、大坂選手がまだ無名だったころ、日本テニス協会のコーチが大坂選手に注目して女子代表監督や強化本部長に報告し、日本に来たときには味の素NTCで練習できるように取り計らったり、さまざまな支援をしてきたのだそうですね。

アメリカでは支援を申し込んでもとりあってもらえなかったということで、大坂選手のお父さんが日本に大変恩義を感じているのだそうです。

 

お父さんって、たしかハイチの方だったと思うけど、こういうところは何だか日本人的な感じがしますね。

大坂選手も日本が大好きということだし、このまま日本に失望することなく、ずっと日本代表でいてくれたら嬉しいなと思います。

こういうのはちょっと狭い考えという見方もあるかもしれないけど、でも、大坂選手の活躍はとても嬉しいし、できたら国民栄誉賞も上げてほしいなと思います。

0 コメント

2019年

1月

20日

春遠からじ

毎日寒い日が続きます。

インフルエンザも流行しているようで、ピアノ教室でも今週は2人お休みでした。

きょうは小雨模様ですが、いっそしっかり降ったほうが空気の乾燥が収まってインフルエンザの流行も収まりやすいんじゃないかな。

でも、そんな中でも、こんな春を告げる花を見かけましたよ。

丸く開く花の形も、白と赤の混じりぐあいも、何とも可愛らしいですね。

 

なんでボケの花なんて変な名前なんだろうと思っていましたが、木瓜(モケ)がボケになってしまったそうです。

平安時代に中国から渡来したそうで、平安時代の人もこの可愛い花を愛でたのでしょうか。

そんなことを想像しただけでちょっと優雅な気分。

実は果実酒にもするそうですが、どんな味なんでしょうね。

 

でも、名前だけは何とかならないもんでしょうか(笑)。

せっかくこんなに可愛いお花なのにね。

0 コメント

2019年

1月

15日

視聴感想

昨夜はちょっとお疲れモードだったので、ふだんより早目に床についたら、何のことはなくて、ふだんより早く目が覚めてしまいました。

若いころはいくらでも寝れたのに…(>_<)

 

なので、早朝5時過ぎから昨日録画したBSプレミアムの「『蜜蜂と遠雷』 若きピアニストたちの18日」を視聴。

 

やはり注目されていた牛田智大さんを中心に取材した構成になっていましたね。

あとは3位になった韓国のイ・ヒョクさん。

その他、海外に在住していてこのコンクールのために帰省した2人の日本人ピアニスト等。

1位になったジャン・チャクムルさんについては、ほとんど触れられていなかったのは、どうしてだったのかな。

NHKとしては彼にあまり注目していなかったのか、それとも密着を断られたとか?

チャクムルさん、見たところとてもナイーブそうでしたし。

でも、演奏シーンもあまりなかったですね。

 

内容としては、本番前の舞台袖の緊張感とかがよく伝わってきたし、牛田さんが指導を受けていた中村紘子さんに完成したラフマニノフの協奏曲を聴いてもらう前に中村さんが亡くなられ、今回この曲を弾くに当たって強い思いがあったというエピソードなど、興味深いものがありました。

それ以前にステージで聴いていただく機会があったとき、演奏途中で牛田さんが体調不良で倒れてしまったんですね。

牛田さんのファンの方の情報では、後から本番前に飲んだ紅茶のアレルギーで体調不良になったことが判明したとか。

紅茶のアレルギーなんて初めて聞きました。

でも、原因がわかったのはよかったですね。

 

浜松のこのコンクールは、国際的にも注目を集めてきているので、NHKさんには今後も取材を続けていただきたいと思います。

0 コメント

2019年

1月

13日

放送予定 浜コン

番組の告知で、NHK BSプレミアムで浜松国際ピアノコンクールの密着ドキュメントが放送されると知りました。

直木賞を取った恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」で、このコンクールが注目されるようになり、昨年11月のコンクールも大盛況だったようですが、NHKも密着していたんですね。

 

「『蜜蜂と遠雷』若きピアニストたちの18日」

放送予定は明日14日(月)の午後3時から4時。

私はもう録画予約しちゃいました。

 

コンクールのホームページで実際のコンクールでの各ピアニストの演奏が聴けるので、私も楽しませてもらっていますが、コンクールの舞台裏を知ることができるのは、それとは別にとても貴重で興味深いですね。

 

BSプレミアムは、見逃してもきっと再放送もあるとは思うんですけど、録画しておけば安心です。

こういう番組をつくってくれるなら、受信料を払う意味もあるんじゃないかと。

願わくば、もうちょっと下がってくれればと思いますけどね。

 

「ピアノの森」の第2部も始まるようだし、楽しみがいっぱいです。

0 コメント

2019年

1月

08日

お稽古始め

ピアノ教室はきょうからお稽古始め。

今年はちょっとゆっくりお休みを取らせてもらいました。

 

ですが新年早々、1人が残念ながらインフルエンザでお休み。

日を改めてレッスンすることになりました。

 

ほかの子たちは元気で顔を見せてくれました。

お休みの間も、それぞれその子なりに練習はしていたようです。

ふだんから楽譜の読み違いが多い子は、やはりすっかり勘違いしたまま弾いていたようですが(笑)。

何なんでしょうね(-.-)

音を間違えないように気をつけていると、リズムのことはすっかり忘れているとか。

同時にいろんなことに気を配ることが難しいようです。

 

クラシックピアノは、まず楽譜をきちんと読むことから始まるので、難なく読める子と譜読みでもたつく子では、1曲ごとのスタートラインで差がついてしまいます。

繰り返し注意を促して習慣づけていくしかないですね。

 

学校が始まると、これからインフルエンザが流行する可能性もありますね。

みんな元気で休まずレッスンに来てくれるといいなと思います。

0 コメント

2019年

1月

03日

BONNE ANNÉE!

明けましておめでとうございます。

 

まずまずのお天気に恵まれて、よいお正月ですね。

我が家も例年どおり大晦日から長男家族がやって来て、きょうの午後帰っていきました。

「来てよし帰ってよし」です(笑)。

昨日は三島のスカイウォークに行ってきました。

日本一長い吊り橋ということで、テレビでCMも流れていますね。

出掛けるときは真っ青な空が広がって、これはいい写真が撮れると期待したのですが、目的地に近づくにつれ雲が広がって、富士山と吊り橋という絵は撮れませんでした。

なかなか難しいものですね。

 

全長400メートルということで、鋼鉄製のしっかりしたつくりですからそんなに恐怖感はありませんが、でも少し進むとゆらゆら揺れていて、みんな「わあ、揺れてる揺れてる」と口々に言っていました。

見晴らしがよくて楽しめました。

橋を渡った先では「Kicoroの森」で散策を楽しむことができました。

Kicoroって森の精のようなものなんでしょうか、あちこちに卵型に目鼻を描いたような可愛い人形が配置されていて、こんなちょっとした遊べるものもありました。

 

申し込めば有料でセグウェイやロングジップスライドや樹上アスレチックもできるんですね。

ロングジップスライドはかなりのスピードで滑っていて、見るからにスリリングでした。

写真を撮ってみましたが、人間が豆粒ぐらいにしか写りませんでした。

孫がもう少し大きければ挑戦できるかもしれませんが、怖がりなので無理かも。

 

吊り橋を戻ってからカフェレストランでみんなでカレーを食べました。

地元の野菜や豚肉を使ったメニューがありました。

これはカフェレストランの前で売っていた柘榴。

見たことがないくらい大きくて、1つ買って家に帰ってから割ってみたら、こんなきれいなガーネットのような色の実(種子?)がいっぱい。

一粒ずつぽろぽろと取れるので、ママさんとずっとおしゃべりしながらいただきました。

 

長男家族も、あしたからはそれぞれ会社や保育園でふだんの生活に戻ります。

お正月にこうやって集まって元気で年が越せて新年が迎えられたたことを祝って、また新しい気持ちで進んでいくのはとてもいいことですね。

 

ピアノ教室もまた新しい1年が始まります。

よい年になりますように。

このブログもこんな調子で続けていきますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

0 コメント