2018年

12月

29日

忙中ワンあり

いよいよ年末ですが、今年は戌年だったんですね。

昨年、酉年の最後は庭に来たメジロの写真をアップした記憶が。

なので、今年は…

慌ただしい買い物の中、スーパーの横に飼い主さんを待っているワンちゃんが。

人懐こく寄ってくるので、思わずしゃがみ込んで「いい子だねー」と頭を撫でたら、しっぽをぶんぶん振って鼻をくっつけてきてくれました。

思わずカメラを向けたら、すっと視線をそらしました。

あ、そうなの。撮影はNGなのね。

 

お客さんはみんな忙しそうに歩いているのですが、この子を見ると思わず声をかけたり頭を撫でたり。

暮のせわしない雰囲気を、ほっこり和らげていました。

 

来年は猪ですか。

猪の写真をアップはちょっと難しそうですね。

 

今年も大晦日から長男の家族が来ることになっているので、きょうも朝から布団を干したり、これからお掃除の続きです。

 

大きな事故がないように、平和に年越しができますように。

0 コメント

2018年

12月

24日

クリスマス会

きょうは毎年恒例の教室のクリスマス会をしました。

子供たちも楽しみにしているようなので、私も秋ぐらいからプレゼントを選んだり、ケーキの予約をしたり、もちろんみんなでピアノも弾くので選曲したり、準備をしてきました。

まず、1人ずつクリスマスソングその他を演奏しました。

先月入会した子は、まだ両手でメロディーを弾いている段階なので、私がハーモニーをつけて連弾にしました。

みんなほかの子の演奏には興味があるので、演奏中はマナーを守って静かに聴いていました。

 

その後のケーキタイムから弾けましたね(笑)。

みんなの前でピアノを弾くちょっとした緊張からも解放されたし、一気にテンションマックスに。

子供たちのエネルギーってすごいですね。

こちらも大きい声を出さないと通らないので、会が終わるころには喉が嗄れそうになりました。

 

おやつの後は2チームに分かれて音楽クイズと、音符カードで遊びました。

クイズの問題はそれぞれ考えてきてもらったんですが、「ベートーヴェンのフルネームは?」なんてのもあれば、「みその中には何が入っているでしょう」なんてのも(笑)。

もちろん答えは「ファ」ですが、ついつい横から「ファのシャープもあるね」なんて言っちゃいました。

音符カードも、意外と小さい子もノリノリで楽しんでいました。

 

2時間半ほどで最後にプレゼントを渡してお開き。

ちょうどいいくらいじゃないかなと思います。

 

教室はこれで冬休み。

また来年、子供たちがどこまで伸びるか楽しみです。

0 コメント

2018年

12月

16日

ショパン国際ピリオド楽器コンクール

先日、たまたまテレビでNHKのBSに合わせたところ、「ショパン・時の旅人たち 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール」というドキュメント番組をやっていました。

11月に放映したものの再放送だったようですが、これは面白そうと思い録画しておいたものをじっくり見てみました。

 

ショパン国際ピアノコンクールは、言わずと知れたメジャーなピアノコンクールですが、このピリオド楽器コンクールは、現代のピアノではなく、ショパンが生きた時代のフォルテピアノ、つまりピリオド楽器でショパンを弾くコンクールということで、今年の9月にワルシャワで記念すべき第1回が開催されたんですね。

 

なるほどですね。

ショパン自身は現代のスタインウェイやヤマハのモダンピアノで演奏したり作曲していたわけではないのですから、その当時の楽器で再現してみようというのは、大いに意義のあることですね。

 

番組では主に3人のピアニストに焦点を当てて、インタビューしながら取材していました。

中国人の女性ピアニストとウクライナ生まれでロンドンで活動する女性ピアニスト、そして日本人の川口成彦さん。

 

中国の両親の期待を重く感じているマ・シジャ、前回のショパンコンクールで惜しくも本選に進めず雪辱を果たしたいディナーラ・クリントン、芸大のピアノ科ではなく楽理出身で10年前からピリオド楽器奏者として活動している川口さん。

それぞれの背景が丁寧に描かれ、よりドラマが感じられます。

 

それにしても、ピリオド楽器って現代では生産されていなくて、特別な場所にしかないのですから、練習する環境をつくるだけでも大変なことですね。

 

結果はシジャは2次に進めず、クリントンはファイナルに進めず、3人の中で川口さんだけがファイナルで演奏できましたが、3台の楽器、ブッフホルツ、エラール、プレイエルのどれを選ぶかの葛藤など、その難しさや緊張感がひしひしと伝わってきました。

結局、希望していたけど練習に提供してもらえなかったブッフホルツではなく、プレイエルで演奏して見事2位に輝きました。

そのほかの1位、同点の2位、3位の3人のピアニストは全員ポーランド人でしたから、川口さんの2位は素晴らしい成績ですね。

やはり10年にわたる研究や実績の勝利だったんじゃないでしょうか。

テクニックがすごいほかのピアニストの中で、川口さんはむしろピリオド楽器の魅力を最大限に引き出していました。

 

川口さんって、とてもにこやかでコミュニケーション能力も高い人のように見受けました。

そして楽理科出身らしく、インタビューでの説明もとても論理的でわかりやすく、同時に情緒豊かで、演奏家としても研究者としても素晴らしい方ですね。

 

ピリオド楽器についてはあまり知らなかったのですが、この番組を通じて知ることができ、興味が湧きました。

このコンクールは第1回でしたから、2回目からはさらに研究を重ねたピアニストたちが挑戦してくるでしょう。

5年後もとても楽しみです。

NHKさんは、また番組つくってくれるんでしょうか。

期待しています(^^♪

0 コメント

2018年

12月

11日

油山寺

いつも山歩きをするお友達のグループで、紅葉がきれいだという袋井の油山寺に行ってきました。

こちらは例年12月半ば過ぎまで紅葉が楽しめるということですが、今年は全国的に紅葉が遅かったせいか、緑と赤が混ざったようなところが多く、これからもっと色づくのかなという感じでした。

目の霊山ということで、たくさんかかっていた絵馬にも、いろんな目の病気が治るようにという願いが書かれていて、眼病で悩んでいる方がたくさんいらっしゃるんだなと思いました。

これだけ医学が発達していても、治らない難病もありますし、年齢とともにクリアな視界は望めなくなるといいますものね。

遠くからもお詣りに来る人もいるんでしょうね。

境内は広くて一番奥の薬師本堂までは長い上り坂や石段もあり、ゆっくり散策することができました。

大きな木々に囲まれた、閑静な佇まいの風情あるお寺で、友人たちと語らいながら、いい時間を過ごすことができました。

 

この2、3日は急に寒くなって、ようやく冬が来た感じですね。

寒暖差が激しいので、体調管理に気をつけたいですね。

0 コメント

2018年

12月

06日

師走?

気がついたら12月なんですけど、あまりに暖かくて師走感が全くないんですけど。

いつも12月になると、あれもしなきゃ、これもしなきゃと、何となく慌ただしいような追われているような気分になるんですが、こんなにまったりしていていいんでしょうか。

でも、店頭にはシクラメンやポンセチアなどの鉢が並んでいるし、確かに年末が迫っているんですよね。

教室のクリスマス会も、あと少し。

全員弾いてもらうので、みんなちょっと熱が入ってきました。

やっぱり人前で弾くのって大事ですね。

 

9月に入会したお嬢さんと先月入会したばかりの坊ちゃんも、簡単な曲を弾けそうな感じになってきました。

子供たちもみんなで集まるのは楽しみみたいで、笑顔でレッスンしています。

 

私もみんなにあげるプレゼントはもう用意したんですが、気に入ってくれるかなと、ちょっと不安。

子供でも、それぞれ好みがありますからね。

毎年何かゲームもするんですが、年齢差もあるし、何が一番盛り上がるかなと考慮中です。

でも、こういう機会は子供たちのふだん見えない素顔も見えたりするので、一人ずつの性格などを理解するのにも役立ちます。

 

お掃除や年末の買い物も予定を立てなきゃいけないし、ちょっとだけ師走の気分になってきました。

0 コメント