2017年

5月

30日

本栖湖と古庵

爽やかなお天気だった先日、お友達に誘ってもらったので本栖湖方面に行ってきました。

暑いくらいかと思ったのですが、標高が少し上がると肌寒く感じるほどでした。

やっぱり水のある風景っていいですね。

残念ながら富士山方面は雲がかかっていて、下のほうしか見えませんでした。

でも、水面を眺めていると心が穏やかになります。

普段もまあまあ穏やかなんですけどね。

その帰りに、富士宮市山宮にあるそば処「古庵」に寄って昼食をとりました。

古い建物を利用した、とても風情のあるお店で、建物周囲の植え込みも素敵。

裏手は竹林で、小窓から見える眺めも落ち着きます。

半日ぐらいじっとしていたいくらいでしたけど、それは迷惑というものですね(笑)

私は天ざるを注文。

細くてのど越しのいい、私好みの麺。おつゆも甘過ぎず辛過ぎずちょうどいいお味でした。

天ぷらも盛りだくさんで、上手に揚がっていました。

手前の黒いのは山芋を海苔で巻いて揚げたもの、奥に隠れていますが、海老天もついていました。

名前のわからない山菜もおいしかった。

名前を聞ければよかったんですけど、お店が忙しい時間で、ちょっと無理でした。

後でネットで見たら、芹そばが有名らしく、この次に行く機会があれば食べてみたいです。

 

私は基本在宅の仕事なので、外の空気を吸って綺麗な風景を眺め、おいしいものを食べて、すっかりリフレッシュできました。

0 コメント

2017年

5月

26日

電悩

「電脳」と間違えたわけじゃないですよ。

「電悩」です。

 

愛用していたデスクトップパソコンが壊れてからノートのほうを使っているんですが、いろいろ問題があって、ここ2週間ほどずっと「電悩」でした。

 

前のはWindows7で今度のは10なんですけど、Outlookも前のより新しいバージョンで、削除したはずのアカウントが表示されてしまっているのを何とかしようと古いアカウントのデータを消したら連絡帳まで全部消えてしまうし、写真を印刷したら「フチなし」で設定しても余白ができてしまうし、インターネットエクスプローラでは「スクリプトエラー」の表示がしつこく出るし(Eggeはどうも好きになれない)、1つずつ解決するのに時間がかかりました。

 

結局、印刷のことはキヤノンのサイトからメールで質問して解決。

「スクリプトエラー」はNECのサイトで対処法を調べて「履歴の削除」やら「一時ファイルの削除」やらやってみてもだめ、「GPUレンダリング」の設定を変えてみてもだめ。最後に「インターネットエクスプローラの初期化」をやってみて、ようやく収まったみたいです。

この前の前のブログを書いてるときなんか「スクリプトエラー」の嵐のような状態になってしまって、ほとんど闘いでした。

 

でも、これも経験なんでしょうね。ちゃんとコンピュータの勉強をした人もいるでしょうけど、そうじゃなかったらいろいろやってみて少しずつわかっていくしかないですもんね。

 

今回のことで学んだのは、やっぱりメーカーのサイトに行ってみるのが一番ということでした。

ネットでもいろんな情報がありますが、役に立つこともあるけど間違っているものも多いです。

解決できたのでやっとすっきり。

自分で解決できるとちょっぴり自信にもなります。

昔々、ピアノの先生に「何でも教わろうと思っちゃだめだ」と言われた記憶がよみがえってきました。そのときは「え? 先生なのに?」と思ったんですけどね(笑)

0 コメント

2017年

5月

22日

それぞれのペース

5月も後半。

教室の生徒さんにも一人一人に発表会の曲を決め、練習がスタートしました。

先生によっても違うのでしょうけど、私は発表会までの準備は大体3カ月を目途に考えています。

普段は教則本や、なるべく数多くの曲を勉強して地力をつけ、発表会の曲は3カ月ぐらいで弾けるようにします。

あまり長い期間をかけるのも、いいことだと思わないんですね。

それ以上に長い期間をかけなければならないようでは、そもそもその曲を弾くだけの力が不足しているということだと思います。

その間、その曲だけにかかりきりでは、幅広く勉強することができませんし、ある程度のスピード感を持ってさまざまな曲をこなせなければ、視界が広がっていきません。

 

もちろんレベルにもよるので、上級者は曲も長くなりレベルも上がるので、ある程度の時間が必要ですし、初心者は音符の数も少ないので、普通に練習していれば短期間でも覚えてしまうのが当たり前ですよね。

 

とは言うものの、それぞれ能力にも意欲にも差があるので、楽譜を渡して「来週、やりかけのが終わってから始めようね」と言っておいたのに、もう自分で終わりまで譜読みしてきてしまった子がいて、ちょっとびっくりしたり、その逆に、新しい楽譜を前にして、もう気の重そうな表情の子も(笑)

片手ずつ、文字通り手取り足取り一緒に譜読みしています。

 

計画的に準備しているつもりでも、なかなか足並み揃えてとはいかず、毎年直前になって慌てるお子さんもいます。

まあ、慌てているのは本人より私なんですけどね(^^;

 

今年の発表会もどんなことになるやら、ワクワクとドキドキひやひやがだんだん高まっていきます。

0 コメント

2017年

5月

18日

浜松

火曜日は所用で浜松に行ってきました。

ふだんは在宅の仕事なので、たまに1人で電車に乗って出かけるのも気分が変わっていいものです。

久し振りの家康君、ちょっと肌荒れが気になるような(笑)

右は遠州鉄道の電車です。これで移動しました。

この季節なので、市内のあちこちできれいなお花を見かけました。

ナスタチウムも華やかな色合いで、葉っぱの形も可愛くていいですね。

市内の某所で見かけた水槽の中のクマノミ。

可愛くて思わずカメラを向けましたが、動きが速くてシャッターチャンスが難しかったです。

横向きも撮りたかったけど、正面も可愛いですね。

 

浜松に行くと、いつも楽器博物館に寄りたいと思うんですけど、今回も時間がありませんでした。残念。

また機会があったら、ぜひ立ち寄りたいと思います。

0 コメント

2017年

5月

15日

お花友だち

曇り空で何となく気分の晴れない朝、玄関のチャイムが鳴りました。

はて、何か届くものがあったかしらとハンコを持ってドアを開けると、そこにはお花を手に持ったご近所さんが。

見事な芍薬の花です。

玄関の中には何とも言えない甘い匂いが。

芍薬って、こんなに香りが強いんですね。

 

男の方ですが、お花や野菜を育てるのがプロ級で、養蜂もしているので秋には日本蜜蜂のおいしい蜂蜜も分けていただいています。

この方は、私の母のお花友だちでもありました。

分けていただいたカンパネラの苗を庭に植えて、母も生前楽しませてもらっていました。

母子二代にわたって、考えてみれば長いお付き合いになります。

男の方ですから、あまりおしゃべりするわけでもなく、でもお花を通じてほどよい距離のお付き合いができるって、なかなか素敵なことじゃないかと思います。

 

お天気は曇り空から雨へとぱっとしない一日でしたが、ご近所さんとあでやかな芍薬のおかげで、明るい気持ちになれました。

0 コメント

2017年

5月

11日

コンサートの準備

連休も終わったので、いよいよ夏のコンサートに向けて準備開始です。

今年は、AOIのホールで、第1部は「リトルピアニスト」と題して子供たちの発表会、第2部は「小さな音楽会」として大人の、そしてピアノ以外の楽器や歌も含めたコンサートです。

せっかく立派なホールを借りるので、こういう機会を生かせるように私の友人や知人にも声をかけています。

 

今回も、ヴァイオリン、チェロ、声楽、お琴の方々に参加していただけることになりました。

子供たちにもいい勉強になると思うんですよね。

 

特に幹事さんを立てているわけではなく、雑用もすべて私が引き受けているので、タイムスケジュールに沿って周到に準備しないと後々大変です。

今週は生徒さんに「発表会のお知らせ」を配り、大人の参加者にも郵送したり連絡をとっています。

 

生徒さんの曲目もいよいよ決まって、順に楽譜を渡しているのですが、予定していた曲が、レッスンの様子で「こりゃ無理だわ」となるときもあって(笑)、急遽変更になったりね。

 

こうなると私も生徒たちも気持ちが引き締まって、気分も上がってくるんですね。

大変と言えば大変ですが、これが楽しみというか、張りになっています。

みんなで目標に向かっていけるといいなと思います。

0 コメント

2017年

5月

08日

連休後半

この前の記事では、友人グループでビール工場見学に行ったことを書いて、楽しい連休だったなとご機嫌だったんですが、書いた日の夜遅く惨事が…

 

突然パソコンが立ち上がらなくなりました。

電源を入れてもファンがフーフー言っているだけで、画面は黒いまま。

というわけで、連休後半はその対応に追われました。

 

今年の発表会の生徒さんへのお知らせも書いたばかり。

昨年のプログラムのファイルもパソコンに保存されているのに…

 

メーカーのサポートセンターに電話してみましたが、「部品の製造が終わっていますので、新しいパソコンの購入をご検討ください」と、あっさり言われました(T_T)

 

ジタバタした挙句、やっと諦めがついたところ。

消耗品とはわかっていても、パソコンが壊れるときって、本当に突然だったり、何かを失ったりしますもんね。

使い慣れて愛着もあります。

ピアノだったらこんな壊れ方はないですもんね。

 

仕方なく、いまもう1つのノートパソコンのほうで書いています。

やっぱり壊れたほうのが使いやすかったなと、未練たらたらです。

バタバタしているうちに、スダチの花が咲いていました。

そんなに強い香りではないけど、鼻を近づけると確かに柑橘系の爽やかな香りがします。

 

しばしスダチの花の香りを楽しんで、心に負った傷を癒したのでした。

0 コメント

2017年

5月

04日

ビール工場見学

連休たけなわの昨日、足柄にあるアサヒビール神奈川工場に工場見学に行ってきました。

昨秋、キリンウイスキー工場見学に行ったときのグループの皆さんとご一緒です。

工場は御殿場線山北駅から車で十数分のところにあります。

ウイスキー工場もそうでしたが、空気も水もきれいな自然豊かな場所に立地しているんですね。

この時期ということもあって、周辺は新緑が目に染みるようでした。

心も洗われるようです。

連休中とあって見学者が多かったのですが、2つのグループに分かれて、声のきれいな女性の案内係の方が解説しながら誘導してくれました。

写真左はビールの仕込槽、右は屋外の発酵熟成タンクです。

この大きなたくさんのタンクの中が全部ビールです。

そう思っただけで何だか気分が上がってきます。

アサヒビールの沿革が掲示されています。

アサヒビールの前身、大阪麦酒会社が設立されたのが1889年ということですから、もう3世紀にわたっているんですね。

見学が11時半からだったので、喉も渇きお腹も空いたところで試飲タイム。

ドライビール、黒ビール、プレミアムと3種類あって、20分で3杯まで飲めるということで、飲む前は「20分で3杯なんて飲めないよー」なんて言っていたんですが、おいしくて3杯いけちゃいました(笑)

泡を立てずに注いでいたので、「え、泡は?」って思ったんですが、泡はその後で別のノズルで注いでくれました。

この泡がきめ細かくてやわらかく、絶品でした。

家庭やお店で飲むのとは全く違う味わいで、これで全部無料ですから、大満足。

幸せな時間でした(^^♪

屋外に設置してあったテーブルで昼食をとり、帰りに近くにある「洒水(しゃすい)の滝」に立ち寄りました。

この滝は日本の滝百選に選ばれ、同時に全国名水百選にも選ばれているそうです。

こういうきれいな水が湧くところですから、ビール工場があるのも納得です。

 

ちなみに、「洒水」というのは密教用語で、清浄を念じてそそぐ香水を指すそうです。

「酒」とは字が違いますもんね。お酒に結びつけたくなりますけど。

 

自然に恵まれところで気心の知れた仲間と楽しく過ごし、いい一日でした。

0 コメント

2017年

5月

01日

見守る

世の中はすっかり連休モード。

お教室は赤い数字の日だけお休みにしました。

きょうは平日なんですが、月曜はレッスンのない日なので、ゆったりした気分でお花の手入れをしたり、午後は楽譜をいっぱい広げて生徒さんの発表会の曲を選んでいました。

一人一人の能力とやる気と、曲の向き不向きを計るのが難しいところですが、発表会がうまくいくかどうかはこの選曲にかかっているので、慎重に選びます。

きょうはやっと半分ほど決まりました。

もう10年以上前に苗木をもらって植えた山椒。

「雄だから実はならないですよ」と言われていたんですが、去年の秋に黒い実がなっているのに気がついて、きょうまた見つけました。

これは花から実になったばかりぐらいかな。

雄花と雌花があるそうですが、実がなったんだから、やっぱり雌だったのかな。

いつ採集してどう利用したらいいかわかりません(笑)

調べてみようと思います。

こちらは一昨年の秋に苗木を植えたスダチです。

1年目は実はならないと聞いていて、2年目の今年、本当に蕾がつきました。

油断するとアゲハ(?)が卵を産み付けていって、幼虫に若葉をモリモリ食べられてしまうので、このところ気をつけて卵を見つけると取っています。

これで秋には焼きサンマや松茸に添えることができるかな。

 

成長を見守るって、楽しいです。

0 コメント