2017年

10月

30日

あと2カ月

気がついたら10月ももうあと1日を残すのみとなりました。

明日がハロウィーン本番なんですね。

盛り上がるのは週末だけど、今年は台風に見舞われたので、例年ほどではなかったんでしょうか。

 

1年が経つのが速いこと。

もう頭の中で年末・年始のことがよぎっています。

お教室のクリスマス会の準備もあるので、今週はもうクリスマス・ケーキの予約とプレゼントの注文をしました。

早目に用意しておけば安心ですからね。

 

全員の都合を合わせるのはなかなか難しくて、今年もほかの習い事の発表会と重なって来られない子がいます。

少し遠くから来ていてお母さんがフルタイムで働いている家のお子さんは土日でないと来られないし、あまり時期がずれてもクリスマス気分になれないし。

来られない子がちょっとふくれちゃったので、せめてプレゼントとお菓子はあげないとね。

それだけクリスマス会を楽しみにしていてくれたのかもしれません。

 

みんなクリスマス・ソングやその他の曲も、張り切って練習しています。

0 コメント

2017年

10月

20日

チケットゲット

まだ生で聴いたことがないのですが、以前から聴きたかったマレイ・ペライアのリサイタルのチケットを購入しました。

昨年も来日しているんですが、やはり以前から聴きたかったアヴデーエワのチケットを買った後で、全く同じ日の同じ時間にペライアのリサイタルがあることを知って、とても残念な思いをしました。

今回はチケット発売開始の日に電話して、購入することができました。

 

円熟の境地にあるペライアのリサイタルですから、絶対はずれはないと確信しています。

東京まで聴きに行くのはちょっと贅沢ですが、素晴らしい演奏との出会いも一期一会。

深く感動したコンサートの記憶は、一生の宝です。

私にも忘れることのできないコンサートは幾つかあります。

 

たまたま最近ネットで、昔リサイタルを聴いて強く印象に残っていたゾルタン・コチシュが昨年の11月に亡くなっていたことを知って、ちょっとショックでした。

若くて颯爽として、ラーンキ、シフと並んでハンガリーの三羽烏と呼ばれていたころの記憶しかなかったので、長さの違いはあれ、人間誰にでも終わりは必ず来るのだということを、改めて知らされました。

 

やはり学生のころ、来日したサンソン・フランソワの演奏を上野の文化会館で聴いて衝撃を受け、また来日したら必ず聴こうと思っていたら、その年に突然亡くなってしまいました。

たった1回聴いた彼の演奏は、貴重な記憶になりました。

 

あるピアニストのサントリー・ホールでのリサイタルのチケットを買って楽しみにしていたら、急病でキャンセルになり、そのまま亡くなってしまったということもありました。

 

このペライアのリサイタルはまだ来年の3月なので、待ち切れない気持ちです。

私自身も体調を崩したり何か不都合が生じて行けないことがないように心して、最上の音楽に出会う贅沢な時間を過ごしたいと思っています。

0 コメント

2017年

10月

16日

運動会は…

土曜日は孫の運動会に呼ばれていたんですが、生憎の雨。

出掛ける直前に中止の知らせが来たのですが、行く予定でスケジュールをあけてあったので、金曜から日曜にかけて長男宅に行ってきました。

張り切ってお弁当つくるつもりだったんですけどね(TT)

 

パパさんもママさんも、この日に合わせて休みをとってあったので、雨に降り込められてすることもなく、みんなで「ららぽーと」に行くことに。

お店の数が多くて、回り切れないくらいです。

土曜なので、家族連れが多かったですね。

雨降りで外遊びができないから、みんな考えることは同じなんでしょうね。

お昼は自然食ビュッフェのお店で。

野菜中心のお料理がいろいろあって、一通りいただいた後でまた次々と別のお料理が出てくるので、ついついまたとってしまいます。

でも、ヘルシーなメニューばかりで、多少食べ過ぎても体には悪くなさそう。

 

食事の後、またぶらぶらお店を覗いて、夕方まで過ごしました。

なんだか食べ物の話ばかりですが…(笑)

翌日、日曜日のお昼は、ママさんが肉まんを手づくりしてくれました。

「顔は写さないでね」「はいはい」

 

本人は「もっと上手にできるはずだった。これは失敗作」と言っていましたが、お肉たっぷりで肉汁もしたたって、おいしかったです。

お店の肉まんのようにきれいに揃っていなくても、家庭の味でいいですよね。

 

久し振りにのんびり週末を過ごして、日曜のシンデレラの時間に帰ってきました。

0 コメント

2017年

10月

12日

明日から雨

きょうも暑かったですね。

なんて言うとまるで夏みたいですけど、季節は10月。

一度洗濯してアイロンかけて仕舞った服を、また出して着ています。

それとは裏腹に、窓からは金木犀のいい香りが漂ってきて、脳が混乱しそう。

明日からは雨で、10度近くも気温が下がるというのですから、体がついていきません。

体調を崩さないように気をつけなければね。

 

世の中的にはハロウィン気分なんでしょうけど、きのうきょうと、クリスマス会で生徒さんに弾いてもらう曲を選んで準備しています。

みんながよく知っているクリスマス・ソングは幾つかありますけど、楽譜によってアレンジも違い、難易度もさまざま。

一人一人に弾けそうな楽譜を選んでいます。

クリスマスにはまだ間があるんですけど、1つの曲がすぐ弾けるようになる子もいれば、時間がかかる子もいます。

それでもみんなクリスマス・ソングは大好きみたいで、喜んで一生懸命弾いてくれます。

気分も浮き浮きしてきますものね。

 

ピアノのレッスンって、基本は先生と1対1だし、練習も一人でコツコツ取り組むものですから、こういうときにみんなで集まって弾き合ったり遊んだりするのは、励みになってめりはりもついていいんじゃないかと思います。

 

さて、今年のプレゼントは何にしようかな。

こうやって準備する私も、クリスマスを楽しんでいます。

0 コメント

2017年

10月

05日

レース屋さん

先日、熱海に行ったときに素敵なショーウィンドウを見かけました。

場所は、駅前の仲見世通りと平和通りを結ぶ細い路地。

きれいだったので、写真を撮らせてもらいました。

とても繊細で手の込んだレースに、目を奪われました。

パリに行ったとき、蚤の市で見かけたアンティークのレースを思い出しました。

気が遠くなるような、手間と時間がかかっている贅沢な品ですよね。

お店に入って中を見たかったのですが、扉には鍵がかかっていました。

残念(>_<)

この貼り紙を見て、その後、お店のホームページも見たんですが、日・月の、それも11時から17時までしか開いていないんですね。

また次に熱海に行く機会があればと思いましたが、ちょうど日・月のこの時間に、というのはなかなか難しいかもしれません。

 

店内にも、レースのブラウスなどがたくさんかかっていて、ロングスカートと合わせてコンサートなんかにもよさそう。

ただ、ホールで客席と遠いとこのニュアンスはわかりにくいかもしれないので、客席と近いフラットな会場でのサロン・コンサートにはいいだろうなと思いました。

 

ホームページには、ヨーロッパレースの専門店と出ていました。

お値段は出ていませんでしたから、手が届く金額かはわかりません。

でも、ぜひまた機会をつくって覗いてみたいなと思っています。

 

観光客で賑わう通りからちょっと入ったところにこんなお店があるなんて、驚きでした。

いつか行ってみたいお店の1つとして、頭の中にピン留めしました。

0 コメント

2017年

10月

01日

秋の訪れ

きょうから10月。

お天気が崩れて、秋晴れとはなりませんでしたが、ようやく秋が訪れた感じがします。

花の季節といえば春から初夏ですが、秋も花の色が冴えて美しい季節ですね。

これから秋から冬にかけての花苗も出回るので、楽しみな季節です。

紅葉の季節も近づいて、お出掛けの楽しみも増えますね。

8月末に開催したコンサートのCDが出来上がりました。

子供たちには、それぞれ一人ずつの演奏を、第2部の「小さな音楽会」の出演者には第2部全体の演奏をCDにしました。

1部も全員の演奏にしてもいいんですけど、皆が皆、自分自身で納得の演奏というわけではないかもしれないので、一人ずつにしたほうが無難かなと(笑)

 

そのときは、うまくいかなかったから聴きたくないと思う人もいるかもしれませんけど、時が経って聴いてみれば少し客観的になれて、また違った聴き方もできるかもしれません。

音楽は時間芸術といわれ、その瞬間で消えてしまうものですが、こうして形にして残すことができるのはこの時代ならではの恩恵ですね。

 

コンサートの日はいろいろ忙しくて、ちゃんと聴けなかった部分もあるので、私ももう一度ゆっくり聴き返してみようと思います。

0 コメント