2016年

2月

25日

沈丁花(jintyoge)

昨日レッスンにみえた5歳のお嬢さん。

玄関のドアを開けて笑顔で「いい匂いがした!」

いい匂いの元はこの沈丁花。

教室の玄関横の前庭で、毎年たくさん花を咲かせて、いい香りを漂わせます。

 

香りのよい花木が好きなんですが、金木犀は大きくなり過ぎるし、以前植えてあった梔子(くちなし)は丸々とした芋虫が大量発生して、あっと言う間に丸坊主にされるので、諦めました。

この沈丁花は丈夫で病気にもならないし、虫もつかずに、ほんとに手のかからないお利口さんです。

 

花の香りって、美しい音楽のように人の心を慰めたり、明るくしてくれますよね。

ちょっとロマンチックな気分にも。

 

しばらく楽しめます。

レッスンに来る生徒さんや道行く人にも、匂いのおすそ分けができそうです。

0 コメント

2016年

2月

17日

グラミー賞

グラミー賞の発表があり、小澤征爾さん指揮するラヴェル「こどもと魔法」のアルバムが、最優秀オペラ録音賞に選ばれましたね。

しかも海外で録音された海外のオーケストラとの共演ではなく、松本市でサイトウ・キネン・オーケストラと地元の音楽家らでの演奏ということで、素晴らしい成果ですね。

 

何度か病に倒れながらも音楽への情熱を燃やし続ける小澤征爾さん。もう80歳というのもびっくりですが、年齢を重ねても情熱が衰えるどころかますます若々しく、驚くばかりです。

 

昔、小澤さんの「ボクの音楽武者修行」という本を読みましたが、あの時代に海外に飛び出して、コンクールで賞をとり、世界の小澤になっていった勇気と情熱と努力、そういうもの全て含めての「才能」なんですね。

 

個人的には、昔、上野の文化会館で、アルゲリッヒをソリストに迎えて新日フィルの指揮をしたときの演奏が忘れられません。ラヴェルの協奏曲とショパンの協奏曲第2番だったと記憶していますが、鳥肌が立つような演奏でした。

三者の化学反応というか、化学燃焼という感じでした。会場には奥様の姿もあって、結婚前は入江美樹さんという名前でモデルや女優としても有名な方でしたから、すらりと美しい立ち姿で周囲の注目も集めていて、そこだけ違う空気をまとっているようでした。

 

余談ですが、それから遡ること数年、小澤さんの最初の奥様だったピアニストの江戸京子さんも、あるコンサート会場でお見かけしたことがあります。偶然、私の前の席に座っていらして、アップにした髪の後れ毛を撫でつけるような仕草をなさったときの手が、意外に小さくて華奢で、ちょっと驚いた記憶があります。もちろん鍛えられた引き締まった手でしたが。

当時、私は自分の手が小さくて指も細いので、ピアノを弾くのには不利だと思っていましたが、高名なピアニストの江戸さんが自分と同じくらいの大きさの手だったことに驚くと同時に、手の条件を弾けない理由にしてはいけないなと深く感じ入って、強く印象に残っています。

 

小澤さんは、江戸さんのお父様で実業家の江戸英雄さんにも助けられて海外に出て活躍するようになったそうですが、お嬢さんと離婚されてからも、江戸さんは生涯、小澤さんとは父子のような関係を続けたといわれています。

江戸英雄さんの度量の大きさと同時に、小澤さん自身もそれだけ人間としても音楽家としても魅力のある方なのだろうなと思います。

 

これから先も健康に留意されて、長く活躍していただきたいですね。

2 コメント

2016年

2月

14日

Le Petit Prince

先日のビストロ・フェルムでの食事会のときに、フランソワ先生が「星の王子さま」の講座を始めるという話を聞きました。

大変人気で、1日目は実際に受ける人と体験の人がかなり集まったそうです。

私はいまの講座と両方受けるゆとりはないので、対訳本を買って自分で読んでみようかと。

J'ai acheté un livre à Amazon.

C'est "Le Petit Prince" d'Antoine de Saint-Exupéry.

Ce Livre est tranduit en japonais avec la version originale à côté.

密林さんに注文したら、あっと言う間に届きました。

昔、もちろん翻訳ですが、読んだ記憶はあるのですが、あまり深く読んではいませんでした。

気軽に買ってみたけど、182ページもありました(・・;)

左のページがフランス語、右が日本語になっていますから、実際はその半分ですが。

いろんな読み方があるので、真面目に右のページは見ないで、まず辞書を片手にフランス語のほうを読む人もいるでしょうけど、見比べながら読んでもいいし、時間がなければ右のページを読んでから左のページで「ああ、フランス語ではこうなのね」なんて読み方もあるかな。

そっちの読み方になりそうですが(笑)

 

学生のころはフランス文学をよく読んでいました。

カミュやボーヴォワール、モーリヤック、サガン、ラディゲなど。

どれくらい理解していたかはわかりませんが。

 

そして、私が愛するドビュッシーやラヴェルもフランスの作曲家。

ショパンはポーランド生まれですが、お父さんはフランス出身で、ショパン自身もパリで活躍しました。

 

昨年、ネットの記事で読んだところによると、いまはビジネスのために英語の次には中国語を勉強する人が多いけど、中国やインドもこれからは成長が鈍ってくるし人口も減ってくる、いま急速に成長しているのは、アフリカなどのフランス語圏の国々だそうです。

かつてフランスの植民地だった国でフランス語が母語になっている地域はとても多いんですね。

アフリカ北西部の多くはフランス語圏ですね。

あとアジアや、もちろんカナダでもフランス語は話されていますね。

記事では、「これからはフランス語」と書かれていました。

 

以前に比べるとフランス語を勉強する人はそう多くないように思いますが、世界の情勢は刻々と変化していくので、これはなかなか興味深い記事だと思いました。

0 コメント

2016年

2月

11日

紅梅

目の前のことに気をとられているうちに、ああ、もう2月なんだ、と我に帰りました。

発表会の会場を確保しておかなければいけなかった。

というわけで、とりあえず昨年と同じ会場を押さえました。

どこか押さえておかないと、さあ、と腰を上げたらどこもあいてなかったということになったら大変。

会場を押さえると、曲の選定とか、楽譜を探したり、私の頭の中も発表会に向かっていくんですね。

道すがら塀越しに見かけた紅梅。

いよいよ花の季節ですね。

梅や水仙から始まって、桜にチューリップ、躑躅(ツツジ)など、春は目が楽しめる季節です。

同時に、私にとっては花粉アレルギーの季節でもあるんですけど(T_T)

でも、アレルギー対策をしながら、花の季節も存分に楽しみたいと思います。

0 コメント

2016年

2月

07日

食事会

フランソワ先生から「皆さんで食事に行きましょう」というお話があり、昨夜はフランス語のクラスの皆さんで、呉服町にある「ビストロ・フェルム」に行ってきました。

(フェルムについては2015年12月10日の記事を参照)

皆さん顔出しオッケーということなので。

美男美女揃いですからね(笑)

左の前の方は、フルートの先生をしている人です。

しばらくお休みしていたけど1月から復帰して、みんなで食事できてよかったです。

人参のムース~北海道の生ウニとコンソメのジュレを添えて~

 

これ最高でした。

新鮮なウニの甘みと人参の甘みにコンソメのジュレの爽やかさのハーモニー。

アミューズブーシュって直訳すると「お口の楽しみ」かな。

まさにお口の中がパラダイス状態でした。

ポルチーニ茸のスープ~フォアグラのソテーを添えて~

 

この後、パテドカンパーニュが出ました。

これは昨年来たときもいただいたもの。

メインの蝦夷鹿のロースト。

私、鹿肉は昔、食べたことがあるんですが、硬くておいしくなかった記憶が。

でも、これは全くの別物でした。

びっくりするぐらい軟らかくて、クセも匂いもなく、牛や豚よりあっさりして軽い感じ。

するすると食べちゃいました。

ソースは柿のペーストを混ぜてあるそうで、ちょっと甘くて肉とよく合っていました。

ミカンのバターケーキ~おおいし養蜂のミカン蜜のアイスクリームを添えて~

 

これもおいしかった。

先生にチョイスしていただいた赤ワインもおいしかったし、最後にコーヒーもいただいて大満足。

スタッフがシェフのほかに女性1人だけで、土曜の夜だったこともあり満席で、一品ずつの料理が出てくるのがゆっくりだったのですが、私たちはいっぱいおしゃべりできて、かえって楽しめました。

皆さん話題も豊富ですから。

 

とても贅沢で楽しい夜でした。

これでフランス語がもっと上達すればいいんですけどね(^^;)

2 コメント

2016年

2月

04日

それぞれの花

きょうの夕方みえたお嬢さん。

初めにレッスンにみえたときは4歳だったのですが、いつの間にか小学校も中学年です。

月日が経つのは本当に速いですね。

 

最初にみえたときはお人形さんみたいに可愛らしくて、でも、そこからはなかなかこちらの思惑どおりには事が運ばないという(笑)

 

まず、ピアノの前に座ってもらうまでが大変でした。

ソファに寝転がったりテーブルの下にもぐり込んだり、ぬいぐるみを持ってきて離さなかったり。

お母さんも優しい方であまり強くおっしゃらないし、こちらもいろいろ頭をひねりましたが、1~2年はそんな調子が続きました。

 

でも、小学校に入ってからはだんだんしっかりしてきて、気がついたらレッスンが成立するようになってきたという感じです。

後から入ってきた子にあっさり追い越されても、さして気にする様子もなくマイペースですが、どの子にもそれぞれ長所はあるもので、私が横についてレッスンしているときは、始めたばかりの曲でも、なかなかの集中力で本当に一生懸命弾きます。

能力は高い子だと思うんですよね。

これをお家でも毎日続けてくれれば、もっとどんどんできるようになるんですけどね(笑)

 

でも、伸びる速度も時期も人それぞれなので、勢いがよかった子が伸び悩む時期が来るときもあるし、その逆にのんびりしていた子が、興味を持つようになったら急に伸びることもあります。

子供を育てたり教育するということは、あまり目先のことに捉われずに、長いスパンで考えてこつこつ努力していくことだと思うんですね。

 

発表会のときなどに、それぞれの演奏を聴くと、皆一人ずつ個性があって、それぞれの輝きがあると、いつも思います。

子供たちがそれぞれの花を咲かせるのを見守り、お手伝いできることが、私の日々の喜びでもあります。

0 コメント

2016年

2月

01日

春近し

お正月が終わったばかりだと思っていたら、きょうからはもう2月ですね。

先週までは、暖冬で忘れていた寒さで震えあがって、空気も乾燥していましたが、この2、3日のような曇天も、寒々してちょっと重い気分。

でも、ふと足元を見たら、秋に球根を植えておいたチューリップが、いつの間にか芽を出していました。

いまのところ、3つ植えたうちの2つですが、もう1つももう出てくるかな。

これから毎日、ちょっとずつ成長して花を咲かせるまでが楽しみです。

 

教室も、先週は発熱でお休みする人が何人かいましたが、まだインフルエンザの人はいないみたいです。1日2日で元気になった子は、1週後のレッスンより前に代替のレッスンができそうです。

雨が降って湿度が上がっているから、風邪やインフルエンザにはちょっといいかもしれませんね。

このまま体調を崩す人があまり出ませんように。

0 コメント