2015年

9月

30日

実りの秋

早いもので、明日からもう10月ですね。

子供のころはゆっくりと時間が流れていたのに、年とともにアッチェレランドしていきます。

そんな中でも、閉め忘れた窓の外の暗闇から金木犀の香りがしのび込んできたり、ウォーキングの道すがらこんなものを見つけると、足をとめて、しばし季節や時の移ろいを感じることができます。


右のはポーの実でしょうか。今朝のテレビではポポーと紹介していました。

目隠しして口に入れると、マンゴーの味と言う人がいたり、バナナと言う人がいたり、林檎にも似ているとか。

収穫して3日ほどで変色してしまうので、流通にのせにくいのだそうです。

清水で栽培しているところがあるんですよね。ネット販売はしているのかな。

もう少し身近に手に入れやすくなるといいですね。


これから11月ごろまでが気持ちのよい季節ですね。暑くもなく寒くもなく、花粉症もないという(笑)

私の一番好きな季節です。

五感を研ぎ澄ませて秋を楽しんでいれば、少しは時の流れをゆっくりと感じることができるかもしれません。

0 コメント

2015年

9月

26日

ルガンスキー

先日、Eテレで放送されたニコライ・ルガンスキーとN響の共演で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を、録画で聴きました。

(Nikolai Lugansky  1972~ )

ロシア生まれのピアニストです。

こちらはyoutubeにアップされていた同じラフマニノフのプレリュードの演奏。

ラフマニノフを得意としているんですね。


私が初めてルガンスキーの演奏を聴いたのは、彼がまだ十代のころ、清水の文化会館ででした。

当時、同じロシア(当時はソ連)のエフゲニー・キーシンが、神童として大フィーバーを巻き起こしていて、池袋の芸術劇場まで新幹線に乗って聴きに行きました。

弱冠15歳のキーシンのすごい演奏にただただ驚嘆して帰ってきて、ルガンスキーを聴いたのは、その1週間か10日ぐらい後だったと思います。

そこでまたびっくり。完成されたテクニックは非の打ちどころがなく、音楽的にも素晴らしいものでした。

こんな若手が1人ならずいるとは、ソ連恐るべしと思いましたね。

たしかあのとき、楽屋まで行ってサインをもらった記憶があるんだけど、あのサインどこに行っちゃったんだろう(^_^;)

当時小学生だった長男を連れていると、サインも気持ち的にもらいに行きやすかったんですね(笑)


当時のソ連では、国家として幼児からの徹底した英才教育をやっていて、進級のたびに容赦なくふるい落とされていくので、最後にピアニストとして生きていくことができる人は、本当の逸材だけという評判でした。


ソ連が崩壊して、前にここに書いたことがあるブーニンは、その前に西側に亡命し、キーシンは2002年に英国籍を取り、その後2013年にはイスラエル国籍になっているということです。

このルガンスキーはずっとロシアにとどまって、いまはモスクワ音楽院で教えてもいるんですね。

演奏も、ロシアの伝統を受け継いだ演奏のように思います。

厚みと重みのある音色は、まさにラフマニノフにぴったりですね。

0 コメント

2015年

9月

22日

ちいさい秋

大雨や雷など、不安定なお天気が続いたことが嘘のような穏やかなシルバー・ウィーク。

暑からず寒からずで気持ちのよい気候になりましたね。

きのうは久し振りにプールへ。

泳いでみると、体力が落ちているのがありありとわかります。

まあ前に進まないこと(*_*

続けて通えば1回ごとに違うんですけどね。

多分、またしばらく行かないかも(^^ゞ

でも、水の浮力に体を任せてすーっと進んでいくのは、とてもいい気持ちです。


写真はプールの近くの木立ちで見つけたドングリ。

帽子をかぶって可愛いですね。

これは土曜日にフランス語のレッスンの帰りに橋の上から撮った巴川です。

水のある風景っていいですね。

高度成長期には汚れてしまって魚が棲めなかったこの川も、今では見違えるようにきれいになって、魚が帰ってきました。

 

「巴川」って、「巴里」と1字だけ同じですね。

橋の上でシャンソンでも歌ってみましょうか。

 

清水に在住していたことのある村松友視さんの小説で「巴川」というのがありましたね。

NHKの銀河ドラマになった「清水みなとストーリー」というのもありました。

あの中に出てくる「ムーンライス」というカレー屋さんは、今もこの近くのエスパルス通りにある「サンライス」がモデルですね。

 

昔、私の父が常連だったので、うちには電話すると出前してくれて、私にはサンライスの当時としては珍しくスパイスのきいたカレーや、とろりとしたオムレツ、大きなエビフライが子供のころの懐かしい味です。

「洋食」なんて贅沢な時代だったし、出前を頼むのもたまのことで、それがまた嬉しかったんですね。

 

巴川の風景とともに、懐かしい思い出があれやこれやとよみがえってきます。

2 コメント

2015年

9月

18日

束の間の

昨夜は恐ろしいほどの雷と雨でした。

横になっていても、地響きがしましたね。

夜中に飛び起きて、とりあえずパソコンのコンセントを抜きましたよ。

何年か前にお隣に雷が落ちて、お隣は家電が全部壊れて、うちにも電流が来たらしく、ファックス電話が壊れたことがありました。

それ以来、雷が激しいときはコンセントを抜きます。

雷ガードもないよりはましぐらいで、だめなときはだめだそうですから。

一夜明けて、昼前にはこんな青空が広がりました。

台風や大雨の後の青空って、独特ですね。

そのギャップにいつもびっくりします。そこそこ生きてきているのに(笑)

この雲は秋の雲ですね。

四季のある日本に暮らして、こんな空の変化を見ると、胸の中で何かが動く気配を感じます。


この青空も午後には曇り空になり、夕方はまた雨が。

一昔前は「女心と秋の空」と言いましたが、最近はあまり聞かないですね。

移ろいやすいのは女心だけじゃないことに、みんな気づいたんでしょうか。

さて、連休のお天気はどんなでしょう。

0 コメント

2015年

9月

15日

よかった(^.^)

きょうの報道で、豪雨の被害で行方不明とされていた15人の方が、無事に安否が確認されたそうですね。

大変な状況の中で、唯一明るいニュースです。

連絡が取れないことによる情報の混乱があったのでしょうが、その間ずっと捜し続けたお身内の気持ちを考えると、本当によかったと思います。

これから生活を立て直すのは本当に大変だと思いますが、まずは命あってのことですものね。

日差しはまだ強いですが、季節は確実に秋ですね。

路傍の花も秋の色です。

この花、名前を知らないんですけど、目を引きますね。

華やかな薔薇の花もいいけど、控え目な秋の草花も、日本人の心情や美意識には適っているような気がします。

0 コメント

2015年

9月

12日

新しい気持ちで

発表会の後はお休みでしたが、お教室はもうリスタートしています。

空の色もすっかり秋めいて、気持ちが新しくなりますね。

 

レッスンを再開してちょっと嬉しいなと思っているのは、例年、発表会の後はみんなほっとしてしまうのか、なかなか軌道に乗らないことが多いのですが、今年はちょっと違うかなと。

 

発表会がいい刺激になったんでしょうか。発表会が迫ってくるまで停滞気味で前向きでなかったような生徒さんも、また元に戻ってしまうかと思いきや、何だかちょっと違う人になったみたいです。

こういうことが発表会を開く本来の目的ですよね。

ピアノのレッスンは個人レッスンなので、レッスン時間がつながっている人以外の演奏を聴く機会がふだんはなかなかないんですね。

このままいい感じで続いていってほしいと願っています。

 

それにしても、こうしてピアノに向かっていられることって本当に幸せなこと。

今回の水害で被災された方たちは、普段の生活に戻るまでとてもとても大変だと思います。

また、肉親を亡くされたり、行方不明という方もいらっしゃることを思うと、言葉がありません。

一刻も早く行方不明の方が見つかり、ゆっくりでも被災者の方々の傷が癒えていくことをお祈りし、心からお見舞い申し上げます。

0 コメント

2015年

9月

08日

Sunshine Aquarium

昨日は、池袋で長男家族と長男の奥さんのお母さんとランチをしました。

ランチは、メトロポリタン・ホテルのランチブッフェ。

本当は品川プリンスのランチブッフェを予約するつもりだったんだけど、8月13日の時点で、既に8月、9月であいている席はないとのことでした。

2カ月前から予約受け付けるんですけど、皆さん受付と同時ぐらいに予約するんでしょうか。びっくりです。

メトロポリタンのランチブッフェは初めてでしたが、和食・洋食・中華のほかに、スイーツが豊富でした。

 

ランチの後は、駅の東口に移動して、サンシャインシティの水族館へ。

mon petit-fils

大好きなお魚を前に大興奮で、本当は水槽をバックに写真撮りたかったんですけど、振り返ってくれず。

横顔を撮るしかありませんでした(笑)

イグアナ見たの初めてかも。

親亀の上にはちゃんと子亀がのってるし、ナマズの前では子供たちが「笑ってる、笑ってる」と口々に言っていました。

いろいろと楽しませる工夫があって、いい感じに時間を置いてさまざまなショーがあるので、ダイバーのおねえさんの水中ショーや、アシカのパフォーマンス、ラッコやペンギンのショーも観ることができました。

月曜でこの賑わいですから、土日に来たらこんなにゆっくり鑑賞できなかったかもしれませんね。

入場料が大人2,000円ですから、家族で行くと結構な出費ですが、オリコのサンシャインカードを提示すると半額になるのだそうです。年会費無料ですし。

1時間ほどで仮のカードがもらえるということなので、食事前に頑張って先にサンシャインシティのオリココーナーに行ってみたんですが、月曜だったせいかシャッターが下りていました(>_<)

家族で行きたい人や何度でも行きたい人にはいいかもしれませんね。

私もまた行く機会があれば、今度は早目にゲットしようと思います。


今回は私があちらのお母さんをおもてなししたのですが、みんなとても喜んでくれて、いい一日でした。

0 コメント